禁煙を成し遂げよう

飲食店にみる禁煙や分煙の普及率

タバコを吸うことによって健康にリスクを持つことになるということは以前から知られてきました。
タバコの煙に含まれる成分として依存性をもたらすニコチンだけでなく、タールや一酸化炭素、ホルムアルデヒド等の様々なものが知られています。
ニコチンのように悪影響だけでなく、ストレスの緩和や集中力の増強などの好影響をもたらすものもあるものの、タールや一酸化炭素などは癌のリスクを高めたり、赤血球の機能を阻害して健康状態を悪化させたりするなどの悪影響しか及ぼしません。
そういった点がよく知られるようになったことに加え、受動喫煙による健康被害が意外に大きいということが知られるようになり、社会において禁煙や分煙への取り組みが積極的に行われるようになってきました。
分煙の飲食店飲食店は禁煙や分煙が行われるようになってきた施設の最たるものであり、大手企業が経営するレストランやカフェともなると喫煙席と禁煙席とが明らかな形で分けられるようになってきています。
ランチタイムなどに限定して全席禁煙というシステムをとることも多くなっており、それがチェーン店経営などにおいては標準的となってきているのが現状です。
一方、個人の飲食店においてはそのオーナーの裁量による部分が大きく、終日禁煙とする飲食店もあれば、分煙すら行っていない飲食店もあります。
顧客のニーズに合わせているという傾向が強いのが実情であり、居酒屋のように喫煙をする社会人を少しでも確保したいという場合にはあえて分煙すら行わないという方針をとっている場合も多々あります。
一方で、子供の健康を気にする主婦層に利用してもらいたいと考えるようなカフェでは終日禁煙を実施する傾向があります。
しかし、全体として禁煙や分煙を行う方向に進んでいるのが事実であり、その普及率は着実に上昇しています。

おすすめ記事